読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ロープを降りる時のセット

こんばんは。今日はロープ作業をする時の話をします。

まず、ロープを垂らし、地上に着いたのを確認。

そのロープを釣り元「丸カンや鉄骨がいいでしょう。」そこに結ぶか、スリング、カラビナを使い固定します。

これと同じ事を2本用意します。

メインロープ、ライフラインの役割です。

ここまで出来ましたら、パラペットの角に角あてを必ず入れます。ロープが切れないために。

さて、ここまでは皆さん同じだと思うんですが、ここからは使う道具が結構違うので僕のやり方を写真に写してきたので、アップします。

1枚目

f:id:yuji155:20170509213719j:image

ここまで書いた状態です。

2枚目

f:id:yuji155:20170509213815j:image

下降器と板が取り付けてあります。

3枚目

f:id:yuji155:20170509214013j:image

シャントが取り付けられています。

ポイントは、ここでロープを2本通す事。

4枚目f:id:yuji155:20170509214514j:image

 シャントの下、下降器を付けていない方のロープにロリップを付けます。

これで一連の流れは完成です。

あとは板に乗り込み、ロープのシャントと自分が履いているハーネスのカラビナを繋げたら完璧です。

5枚目

f:id:yuji155:20170509215039j:image

これが完成の写真です。

あとはシャントの操作で降りたい場所まで下降してガラスを清掃する感じになります。

参考になれば幸いです。